京アニ火災事件

事件から1年半たった今日(2021年1月18日以来)
京アニ火災事件について
・事件の内容
・犯人の動機
・この事件のポイント
について分けて解説していきます。

事件の内容

2019年7月18日京都アニメーション第一スタジオに男がガソリンをまき

発火した事件でスタジオは全焼し

結果として60人以上の死傷者が発生した

アニメ業界に衝撃をもたらした事件です。

被告は当時41歳の男性で犯行時に全身の90%を火傷の重症を負い、

救命困難な状態だったが京都市内の病院で手術を受け

奇跡的に会話ができるレベルまで回復している。

火事で家族をなくした遺族の思いを考えると、

複雑な心境となります。

犯人の動機

「京アニに自分の小説を盗作された。話を聞いてもらえなかった」と

京アニに対する恨みを述べ犯行も認めている。

この事件のポイント

被害者も重症な火傷を負ったことから

動機などの聞き取りができず退院してから

逮捕されるまでに10ヶ月もかかっており

また、コロナ禍で公判の手続きが長引き初公判が開かれるまで2年ほど

かかった事例もありまだまだ先が見えない状況が続いており

今なお決着がつかない状況となっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました